【 FIELD REPORTの一覧 】

RM95で良型シーバス

シーバス / ローリングミノー 95 / 片口鰯 (カタクチイワシ) / 加藤 貴吉
Angler: 加藤 貴吉
Field: 神奈川県 川崎京浜運河
Date: 09/28/2008
Fish: シーバス 73cm
Bait: ROLLING MINNOW 95
Color: 片口鰯 (カタクチイワシ)

川崎・横浜 (京浜運河) に3:00~出船してきたのでレポートします。すっかり秋らしくなり、夜中は肌寒さを感じるほどでした。京浜運河を流していると、バース付近に鳥が騒いでいるのが確認できました。

前日からの風が残っていてキャストし難かったですが、鳥を見るとなんだか血が騒ぎます(笑)。さっそく、近くに寄りキャスト開始。

DCMにて一投目からヒットしましたが、なんだか小ぶりのシーバス。ルアーを投げれば必ず当たりがあるのですが、40cm~50cmとサイズが今一でした。約一時間入食いが続き、まだまだ獲れそうな感じではありましたが、サイズを求めて移動する事にしました。

次に入ったポイントは工場の常夜灯があり、明るいスポットです。その壁に沿ってDCMをキャストし、ルアー巻き始めすぐにヒット。ですがサイズは…、やはり40cmと小さめ。相変わらず入れ食い状態なんですが、サイズに納得がいきません。

ほんの少し離れたポイントの明暗部にルアー届かせたく、ここで ローリングミノー95 (片口鰯) を選択。ミノーでは届かない距離もローリングミノー95なら充分射程距離。明暗の外にキャストしてフォールさせてみます。

少し巻き始めてはまたフォールを繰り返し、灯りの届かない薄暗い所を舐める様に引いて来ます。速度はテールスライドしない程の、どちらかと言うとスローリトリーブとフォールにて、魚にアピールしてみた。フォール時は竿でラインを送り出す感じで綺麗にフォールさせるように意識しました。

シーバス / ローリングミノー 95 / 片口鰯 (カタクチイワシ) / 加藤 貴吉すると、2度ほど繰り返しフォールから巻き始めた瞬間、小さな当たり。

イメージ的にはフラップフォールから、テンションをかえてローリングアクションで泳ぎ始めた瞬間のバイトです。寄せて難なくネットインは出来たのは、デップリ系プロポーション抜群の70cm。

ローリングミノーはスローでローリング、ミディアム~ファストではテールスライドアクションと、リーリング速度でルアーの動きが変わる「ヴァイナルアクション」が特徴なのですが、水平フラップフォールからリーリングに移行した瞬間にもバイトが多発します。

もう一本欲しい所で小ぶりなシーバスの猛攻に遭いお手上げ状態でしたが、ローリングミノー95の波動がマッチしたのか何とか73cmのシーバスを追加出来ました。

その後、同船者にも同サイズが出て、結局40cm~50cm中心に50本位と50cm~70cmを20本位の好釣果でした。

あなたのブログからトラックバックをするには、トラックバックURLをご利用ください