アルファードの値引きで限界額を引き出す方法

アルファードの新車価格は、グレード「X」の337万からトップグレードの「HYBRID Executive Lounge S」の750万円まで、最大で価格差は400万円ほどあります。

アルファードはディーラーごとでほぼ値引き額が決まっており、車雑誌やネット上の口コミのような目標額に全然届かなかったというケースも珍しくありません。

新車は新車価格が高ければ高いほど値引き額が大きくなるイメージがありますが、最初から限界の値引き額が決められてます。

そのため、必然的にアルファードの値引きは少ないと感じることがあります。

アルファードの値引きは簡単ではありませんが、値引き額をアップさせる方法はあります。

今回、アルファードの限界の値引き額を引き出して、新車を安く買う方法をまとめました。

 

アルファードの値引き相場は?

値引き目標額:25万円前後

※ザ・マイカー参照

 

現在アルファードの値引き相場は、本体値引きとオプション用品値引きの合計で25万円前後が限界の値引き額となっています。

しかし、同じアルファードでもこの値引き額は地域ごとの販売環境、その他時期によっても変わってきます。

 

口コミサイトでの「アルファードの40万円の値引きに成功した!」というような他人の値引き額が気になるところですが、新車の場合、値引きはオプションやローンの有無、下取りする車によっても大きく変わってきます。

また、その情報はすでに過去のものとなるためタイムラグも発生します。

したがって、大幅な値引きに成功した人と同じ額の交渉をしても上手くいかないのは、上記のような理由があるからです。

アルファードの値引きの限界額を引き出すため方法

 

ライバル車の見積もりを取る

最も簡単な方法は、「ニッサン・エルグランド」や「ホンダ・オデッセイ」など、ライバル車の見積もりを取ることです。

また、兄弟車種の「ヴェルファイア」や「エスティマ」も効果的で良いでしょう。

ディーラーの営業マンは素人ではなく車を販売するプロです。

こちら側の本気度を見せない限り、値引きの限界額を引き出すことはできません。

そのため、必ずライバル車の見積もりは持参して「納得のいく金額であればすぐにでも買う」という気持ちで交渉に挑みましょう。

ディーラー同士で比較する

意外に知らない方も多いのではないでしょうか。

アルファードの販売チャネルはトヨペット店で、1県1社です。

県を跨げば(またげば)トヨタの看板を出しているディーラーでも、実は運営しいてる会社が違います。

 

例えば、福岡トヨペット佐賀トヨペットでは販売会社が全く別となります。

つまり、同じディーラーでも会社が違えば値引きに大きな開きが出てくることがあります。

もし、現在の住居地域から県を跨ぐことが可能であれば、それぞれの見積もりを出してもらい比較しましょう。

全国のトヨペット店販売店一覧から詳細情報を確認することができます。

下取り車なしで見積もりを取る

「下取り」と「買取」の違い

  • 下取り……車を購入する販売店に今乗っている車を売り、次回購入の車の資金に充てること
  • 買取……中古車の買取専門店などに今乗っている車を売り、現金を受け取ること

現在も多く人が利用しているディーラーの下取り査定ですが、そもそもの設定価格が安いため大きく損をする可能性が高いです。

ヴォクシー

  • 年式:2016年 X
  • 走行距離:3万キロ
  • 買取相場:147.0万円
  • 下取り相場:134.8万円
  • 差額:12.2万円

タント 

  • 年式:2016年 カスタムX
  • 走行距離:3万キロ
  • 買取相場:85.7万円
  • 下取り相場:75.7万円
  • 差額:10.0万円

※参考データ:ナビクル

 

仮に下取り車を持ち込み大きな値引き額を提示された場合などは、特に注意しなければなりません。

なぜなら、値引き額をアップさせた分を下取り価格から差し引きされている可能性があるからです。

そのため売却予定の車は、それぞれの特徴もった買取店が競合する一括査定で見積もりを受けて、買取価格と比較するようにしましょう。

 

しかし、下記のような場合はどうしても車を下取りへ持ち込みせざるを得ません。

  • 昔からお世話になっているディーラー
  • 買うと売るを同時に済ませることができるから安心できる
  • 車を下取りに出すと値引き額がアップするという条件を提示された

こういった時こそ、一括査定を上手く活用するタイミングでもあります。

なぜなら、自分の車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとに下取り価格交渉をすることできるためです。

また、買取相場を知ることで下取り査定で安く買いたたかれることも防ぐことができ、良い条件を引き出せる可能性が非常に高くなります。

「アルファードの新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車・未使用車も狙ってみる

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、アルファードの新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのが です。

 

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っているアルファードの新古車を探すことも可能です。

 

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

アルファードの値引きに期待ができる時期

 

1年で車の値引き額が大きくなる時期。

それが1月~3月です。

3月に決算期を設定しているディーラーも多く、この時期はアルファードの限界の値引きが引き出しやすくなります。

その他、通常の月であれば月初よりも月末の方が値引きされやすいと言われていますが、これは営業マンの目標セールス台数が大きく影響しているからです。

したがって、値引きに期待ができないタイミングに交渉で粘るより、値引きに期待ができるタイミングの方が値引きを引き出しやすくなります。

 

アルファードの値引きで限界額を引き出す方法まとめ

  1. 値引き相場は25万円前後
  2. ライバル車の見積もりを取る
  3. 運営会社の違うディーラー同士で見積もりを取る
  4. 下取り車なしで交渉する(持ち込む場合は一括査定で買取相場を調べておく)
  5. 口コミサイトや他人の値引き額に執着しすぎない

アルファードの値引き相場は25万円前後となっています。

しかし、口コミサイトや同じ時期にアルファードを買った人と同じ値引き額をもとに交渉へ挑むと失敗する可能性が高いです。

なぜなら、交渉する時期や地域、オプションの数・選択した支払い方法・下取りする車によって大きく変わってくるからです。

したがって、同じアルファードでも値引き額が違うのはこういったことに理由があります。

このようにアルファードの値引きには、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。

上記の5つのポイントを整理して交渉に挑めば、アルファードの値引きの限界額を引き出せるでしょう。